記事一覧
アレルギー症状が起こる成分を検査して知ろう!

花粉症になると様々なアレルギー反応を起こします。花粉だけでなくアレルギーの原因になるアレルゲンは多数あり、症状を軽減していくには何のアレルゲ...

2020年05月03日
なぜ人の体はアレルギー反応を起こしてしまうのか

免疫グロプリンには5種類があり、免疫グロプリンの中で最も少ないのがIgEです。このIgEは、花粉症などのアレルギーを起こす抗体で、体内に花粉...

2020年03月25日
つらい鼻炎にはクラリチンで対応!

鼻炎に効く抗ヒスタミン薬はたくさんあります。効果の高いけれど副作用もあるジルテック、効果と副作用のバランスが良いザイザル、そして副作用が出に...

2020年02月27日
ヨーグルトは花粉症対策として本当に効果がある?

花粉症対策として知られている食材にヨーグルトがあります。ヨーグルトのパッケージにも花粉症対策に良いと記されているものもあり、注目されている食...

2020年02月09日
花粉症は春だけ気を付ければいいものではない

花粉症に代表されるものとしてスギ花粉があります。スギ花粉は春に飛散するのですが、小さいながらも固い殻があり、花粉を覆っている固い殻が破壊され、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を起こしてしまっています。花粉症を発症しないようにするには、スギやシラカバといった花粉を寄せ付けない、体に取り入れないといっ...

2020年01月22日
ジルテックとザイザルはどっちがおすすめ?

ジルテックもザイザルも第二世代抗ヒスタミン薬の一つです。第二世代抗ヒスタミン薬は口の渇きなどの原因になる抗コリン作用が抑えられており、副作用が出にくいのが特徴ですが、抗ヒスタミン薬の中でも強さの程度があります。副作用も出るが、効果も抜群にあるのがジルテックです。ジルテックはセチリジンが主成分で、この...

2020年01月05日
アレグラは眠くなりにくい安全性が高い薬

抗ヒスタミン薬にはザイザルやアレグラ、ジルテック、アレロックなど9種類ほどがあり、9種類ほどある中で眠くなりにくい薬はアレグラです。アレグラはフェキソフェナジン塩酸塩が主成分の薬で、処方薬と市販薬があります。フェキソフェナジン塩酸塩は季節性や通年性のアレルギー性鼻炎に効果があるほか、虫刺されによる皮...

2019年12月17日
ザイザルの副作用が気になる場合は薬を変更するべき

ザイザルはアレグラなどに比べると眠気が起きやすく、それを副作用と感じることがあります。副作用の出方は個人差があるため一概には言えませんが、どうしても眠気が治まらない、生活に支障が出る、仕事をする上で眠くなるのは困るといった場合は薬の服用を一回停止し、違う薬に変更をしたほうが良いでしょう。ザイザルは個...

2019年12月02日